当ブログは私、あろまん99が実地調査したメンズ回春エステ等の体験レポートです。ご参考ください。



プロフィール

あろまん99

Author:あろまん99
ご訪問ありがとうございます。
休日になると、ひょこひょことメンズエステに足を向かわせる、神奈川在住のアラサー男です。
書く体験レポートも神奈川が中心になります。たまに東京西部、小田急沿線、京王線沿線にも遠征しますので、そのつどレポートします。

「だまされた!!店のHPではエロい感じだったのに、いざ行ってみれば
 完全な健全店だった!!」

そのような被害に遭われる人を一人でも減らすべく、
私の体験レポートを随時アップしていきますので
ご参考いただければと思います。

よろしくお願いします。



― 優良店 ―



カテゴリ



最新記事



- Pick Up -



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



― What's Hot? ―



検索フォーム



RSSリンクの表示



― What's Hot? ―






















このブログをリンクに追加する



【新生復古】八王子「なごみ屋」ヒーリングアート
海辺は、

かつてタイ猫の一声であり、そのさらに昔、そこは天国であった。

その頃の天使は今どこへ・・・

そんなことを考えるともなくつらつら考えつつ・・・

八王子という辺境?(私は気に入ってますが)にやってきました。


こんにちは、あろまん99です。


これ以上暑くなるとオイルマッサって感じでも
無くなりますし、
今のうちに活発に凸撃しておかないと、
と思い立ちまして。


ひょんな情報から、「これはもしや復活?」
と予感したので。


して、駅からTEL。

「約70分後からならオーケー・・・

ですが予約制ではないので、来店してくれた順ですので」

とのこと。

そーいえばそんなシステムだと言ってたか。。。

だけどそれってお客にとって果たして良いものかどうか、、、


場所は確かに駅からすぐ。

確かにこの近さなら来店優先でもいいのかも。

ホムペにある通り、某巨大電器店のほど近くのビル。

ホムペによると、事実上「まどろみ」とは完全に同じ嬢らしい。

価格が、微っ妙ーに違うだけ。

けど、同じ八王子界隈に事実上二店舗って
意味あるのかいな?


ま、それは置いといて。


やや古びた階段を上がる。

「インターホンを押して下さい」

ピンポーン。


ガチャ。



おっ!?


図らずも、美形??

「どーぞ」

身体つきは華奢で小柄。

だがフェイスはキレイな感じだ。


応対は、何かを完全に割り切ったようにサバサバとしている。

うん、でも、あろまん99の予感は
「この勝負、もらっただろう」
と勝利を告げている。


メニュー紹介も、ほのかに何かを匂わせるような紹介なのだが
あまりにサッパリしているのでそれすら感じない。

わざわざ思わせぶる、感じとかゼロ。

相変わらず店内は狭い。

60min10.8Kを支払う。

部屋、とは呼べないブースに案内される。

ブースは二つで待合とは二枚のカーテンで仕切られている。

ブースも、けっこー狭い。

「延長スルー?」攻撃の多いチャイエスによくあるサイズのブース。

中央にベッド施術台を置けばギリギリ施術には支障の出ない
広さ
(そーいえば横浜に部屋はクソ広いのに
無駄に健全な店があったな、とか思い出す・・・
昔は良店だったらしいが)


貴重品袋ありーので、シャワー。

溝の口某店にもある、四角いシャワーブース。
清潔感はある。

この系列はアシストとか無いのは重々承知の上の来店。

そのままブースへ。

「ではうつ伏せで」・・・その前に、

まだ立った状態でガバッと腰巻を剥ぎ取られ、
意表を突かれつつ、ネイキッド蜂起しつつ
平静を装う努力をしつつベッドに倒れ込む。

このまま(ネイキッドのまま)開始から終了かい?

と思っていると背中にぱさっとタオルが。

タオル上の指圧もそこそこにオイル。

ロミロミマッサのスタートだが、これは力が弱くて
かなり物足りなさが漂う。

腕からヒジまで使っての強めのマッサが売りのロミだが。。。


だが、嬢との会話はそれなりに楽しめる。
サバサバしてるだけに妙な違和感が無くて良い。

上半身(背中)が一通り終わり、
タオルは上にずずーっと移動。

足マッサへ。

足と言ってもメインは太股。

膝ウラからの充分なオイルを伴ったゆるやかなアップストローク。

それが段々と怪しさを増してゆく。

それから欠マッサへ。
欠ダイレクトマッサだが、「深み」へはハマって行かない感じ。

再びモモストローク。
今度は明確に菊エリアのごくキワまでキッチリと攻め上がってくる。

何ストロークくらい続いただろうか?

頭がとろけ始めた頃、
「では足をもっと開けますか?」

「失礼します」

失礼します、というのは多摩センターへ進撃する、という意味だったらしい。

コマネーチや多摩中心への少し強めの壮絶なストロークが続く。

「じゃあ四つ葉位でお願いします」

ここからも畳み掛けるような攻めは、多摩を集中爆撃。

だが、強さはかなり強め。

回○効果を・・・いや「回復効果」か、
を本気で引き出そうとする強さだ。

人によっては痛いかもしれない。

私ナリには結構楽しめました。

「では仰向けで」

ここから嬢の手つきが優しくなる。

「最後は、・・・て行かれますか?」

多摩から出発して下腹、備蓄にもストロークが伸びる。


そんな状況で、コチラの手も伸びないはずか無いというもの。

だが、手が届く寸前で恐るべき回避率を発揮する嬢。

うーん、守備力は今年のユーベ並み。

「あと10分ほどになります」

相変わらず、壁は破れないまま、備蓄&多摩など
アシスト付きでフィナーレ。

・・・

結局、最後まで鉄壁のガードはくぐれず
アンチェロッティと共に涙を飲んだが、
満足の敗北w

意外にも美形に当たり

意外なる満足度を得て帰途に。

前回の(いつ?)不満は一応払拭されたカタチにはなったのかと。


ちなみにこの日、HPでは2名出勤でしたが
私のカンでは2分の1の確率でアタリを引いたなという感じです。


もう少し調査を進めるべく、近々再訪ですね。

あろまん99でした。

ロケーション:
JR中央線沿線 京王八王子線沿線 京王線
八王子市 八王子駅 立川 南武線 調布 国立 西東京 四つん這い 健全店 回春 鼠蹊部 レポート キワ 口コミ 感想






スポンサーサイト


 

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック